市場の成長と流通

事故模型

先進国を支える新興国

世界で欧米が最初に自動車製造を手掛け、続いて日本は欧米の大型自動車と異なる小型で燃費の良い車の製造に着手、戦後その勢いは世界に浸透し、欧米を押しのける勢いで日本の自動車が世界中に流通することとなりました。現在、東南アジアやアフリカ、中東、ロシアなどに日本の中古車が流通します。これらの国に中古車として流通する車のほとんどは、日本で役目を終えた車で、製造から10年、10万キロ以上走行していた車が多いです。日本車が中古車として輸出される国では、新車の販売が少なく、それに伴うインフラ整備やメンテナンス対応、交通事情も整っていないです。新車に搭載されるシステムではGPSを駆使した装備や交通インフラと連動した渋滞予測システム、料金決済システムなどがあり、これらは使えず、メンテナンス対応もできないのが現実です。そのため、中古車にも求められる視点は機能の便利さではなく、居住性や走行性といった実用性です。役目を終えた自動車の部品の多くは製造されておらず、事故車や廃車となった車から取り外される部品が使われます。事故車であっても損傷部位以外の部品は取り外されて、新興国市場に販売されます。事故車をそのまま販売して、海外で解体されるケースもあります。比較的新しい車種の事故車は国内で解体されて、リビルド再生後に中古部品市場で販売されます。日本でも多くの中古車の修理でリビルド部品が使われ、開発途上国では中古部品は当たり前です。新興国での流通が先進国を支えています。

Copyright© 2018 愛車は賢く売却するのがカギ【車内のニオイが重要視】 All Rights Reserved.